TOP>被害対策>>債務整理とは?

債務整理とは?

多重債務相談窓口
債務整理の具体策

日本には優れた債務者の救済システムがそろっています。一般的に知られる自己破産だけでなく、整理や調停の方法はいくつかあります。借金で首が回らなくなったらこのような債務整理を検討することをお勧めいたします。また、当サイトではこのような事態に陥らないためにキャッシングやローンなどの計画的なご利用をお勧めいたします。

債務整理には以下の4つの方法があります。

【任意整理】任意整理とは、裁判所を通さずに弁護士が債権者(お金貸してる人)と任意に交渉して、借金を整理する方法です。任意整理をすると利息制限法が適用され借金が減額されます。おおよそ3年(最長で5年)をめどに返済できる返済計画を話し合いで立てます。(詳細はコチラ)

【特定調停】特定調停とは、裁判所で債権者(お金貸してる人)と債務者(お金借りている人)が交渉して、調停委員主導のもと借金を整理する方法です。特定調停をすると利息制限法が適用され借金が減額されます。おおよそ3年(最長で5年)をめどに返済できる返済計画を話し合いで立てます。(詳細はコチラ)

【個人民事再生】個人民事再生は、裁判を経て減額された借金を3年間返済すれば、残りの借金は免除される整理方法です。任意整理や特定調停は話し合いによって決めるため、調停できない場合がありますが、個人民事再生はそのようなことがありません。(詳細はコチラ)

【自己破産】自己破産とは、債務者が経済的に破綻し、借金の返済をすることができなくなった場合、家や車などの資産を借金の返済にあて、それでもまだ足りない金額については免除するというシステムです。(詳細はコチラ)



戻る
消費者金融ナビTOP

by Mobiledoor,inc.