消費者金融ナビ>クレジットカード・ナビ

クレジットカード・ナビ



スキミング対策


スキミングとは、所有者の知らない間に、「スキマー」とよばれる器具を用いてカードの磁気データ(暗証番号等)を盗むことをいいます。

スキミングは「磁気データ」という、人の目には見えないものを盗むため、犯行に気づくまで時間がかかります。たいていはクレジットカード会社からの連絡や、通帳の記入をした際に気づかれるようです。

しかしさらにやっかいなのは、直接カードに接触しないでもデータを盗める点です。スキマーをカードの近くにかざすだけで盗まれてしまうのです。そのため自己防衛しにくく、その場で犯行があったのかどうかさえもわかりにくいのです。

スキミングの被害に会わない為にも、下記に記載した事を最低限、心がけるようにしましょう。

カードの保管には細心の注意を払い、毎月発行されるクレジットカードの利用明細書と請求書を確認し、照合してください。

信頼のおける店で利用することを心がけ、カードの処理をしている時は目を離さずにチェックをしてください。

クレジットカードの利用限度額を自分にあっているか見直しましょう。

カードによるキャッシングの場合は、暗証番号を入力する際に、のぞかれていないか周りに気を配りましょう。

暗証番号は知られやすいもの(生年月日、車のナンバー、電話番号等)は控え、一定の期間使用したら変更してください。

磁気遮断金属入りの財布を利用するなどして、自分の力で身を守るのも一つの手ですね。

それでも、万が一被害にあってしまったら、すぐに警察とクレジットカード会社に届け出てください。クレジットカードは契約の際に「盗難保険」に入っていることが多い(取り決めを要確認)ので、きちんと手続きをすれば、返金されることが多いと思います。



クレジットカード・ナビ
消費者金融ナビTOP

by Mobiledoor,inc.